怒りは限界を超えた

――6・19沖縄県民大会

宮城義弘

みやぎ よしひろ | ジャーナリスト



【特集2】限界を超える怒りの島・沖縄

怒りは限界を超えた――6・19沖縄県民大会

 

あなたを守ってあげることができなくて……

 

2016年6月19日午後2時。「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾! 被害者を追悼し、沖縄から海兵隊の撤退を求める県民大会」が沖縄県那覇市の奥武山陸上競技場をメイン会場に開かれた(次頁写真)。大会には6万5000人が参加し、元米海兵隊員にレイプされ、殺害され、山中に遺棄された20歳の女性を哀悼するとともに、日米政府に謝罪と完全補償を求め、在沖米海兵隊の撤退、米軍基地の大幅整理・縮小、日米地位協定の抜本的改定を強く求める決議を満場一致で採択した。

「先日、被害者が遺棄された場所に花を手向け、手を合わせてきた。心の底から『あなたを守ってあげることができなくてごめんなさい』という言葉がでてきた。21年前のあの痛ましい事件を受けての県民大会で『二度とこのような事故をくり返さない』と誓いながら、政治の仕組みを変えることができなかったことは、政治家として、知事として痛恨の極みであり、大変申し訳ないと思っている」

翁長雄志沖縄県知事のこの言葉に、6万5000人が頭(こうべ)をたれ、会場のあちこちから嗚咽が聞こえた。参加者全員が我がこととして知事の言葉を聴いた。

翁長知事の言葉に、私は21年前を思い起こしていた。1995年10月21日、米兵による少女暴行事件に抗議する沖縄県民総決起大会が、宜野湾市で開かれた。8万5000人を前に、当時の大田昌秀沖縄県知事は振り絞るように言った。

「本来一番に守るべき幼い少女の尊厳を守れなかったことを心の底からおわびしたい」

12歳の少女が、米海兵隊員と米海軍兵士3人に集団レイプされた事件に沖縄中が怒りに包まれた。この事件で沖縄県民は、日米地位協定の見直しにとどまらず、在沖米軍基地の撤廃へと動き出した。当時の橋本政権の動きは素早かった。橋本・モンデール会談で普天間基地の5年ないし7年以内の返還が合意され、橋本内閣は、クリントン米大統領を迎えてのサミットを沖縄で開いた。

日本共産党沖縄県委員会と同中央委員会は、リーフレット『沖縄の米軍基地問題を世界に訴えます』を作製し、沖縄サミットに参加する各国の大統領や政府高官、駐日大使館、テレビ・新聞社などメディアに送付した。

リーフレットは、沖縄の米軍基地が、占領地の住民の土地・財産の接収を禁じたハーグ陸戦条約に違反して、〝銃剣とブルドーザー〟によって奪い取られたこと、多くの女性や子どもたちがはずかしめを受け、命を奪われたこと、「沖縄に自治は神話」だと、徹底して人間としての尊厳と自治を否定されてきた歴史を克明に紹介した。このリーフレットは、世界が日米安保の実態を知る大きなきっかけとなった。世界のメディアが沖縄県民の中に入り、日米安保条約下の沖縄の実態をつぎつぎ告発した。

 

(以下は本誌でお読みください)

一覧ページに戻る