スポーツ・インテグリティ(誠実さ、真摯さ)をどう高めるか

望月浩一郎

もちづき こういちろう | スポーツ法学



スポーツ界に続くパワハラ、不祥事

 

――日大アメフト部の不法タックル問題に続き日本ボクシング連盟の「奈良判定」や連盟運営に対する批判、さらに女子体操の日本代表選手へのコーチの暴力など、スポーツ界でのパワハラ、不祥事があとを絶ちません。

 

望月 スポーツ界でルールが破られるという不祥事が生じる原因は、スポーツの世界に特有のことではありません。ルールを破ろうという方向での誘惑が常に生じるのはスポーツでも企業でも同じです。ルールがありこれを守ることがスポーツが成り立つ重要な要素なのですが、一方で、ルールを守らないことが「勝利」への近道になる場合があります。この「勝利」を「利潤」に置き換えて企業活動を考えれば、企業活動における不祥事が生じる素地は同じです。企業が社会的な責任を果たす、公正な社会とするために企業活動についても様々な規制=ルールがある。しかし、短視眼的に利益を得ようとすると、このような規制を守らない方が早い。例えば、談合をやって受注を獲得したり、資格ある検査員による製品検査をやっていないにもかかわらずやったことにして製品を出荷してしまうなどの問題が起こります。

スポーツ競技も同じです。スポーツ中に相手競技者の身体にダメージを与える場合があっても、スポーツを社会的に意味ある存在とするためにルールがつくられたのです。企業において、「利潤」を手っ取り早く追求するためにはルールを破ってしまおうという誘惑があるのと同じように、スポーツ界においても「勝利」を追求するためにはルールを破ってしまおうという誘惑があるのです。

企業に比べてスポーツ界の不祥事が目立つ理由は、スポーツ団体の組織の脆弱性が大きな要因となっています。中央競技団体の中でも比較的小規模な競技団体――日本ボクシング連盟、日本レスリング協会、日本アメリカンフットボール協会の事務局は、事務局長以外の事務局の正社員スタッフは0~数名、あとはアルバイトが数名というような組織で運営しているのが実情です。日本水泳連盟も事務局に常駐するスタッフは10人程度です。企業で言えば、中小企業のレベルではなく、零細企業の組織です。この組織の脆弱性、違法な事態が生じないようにチェックするための規則整備、体制整備が遅れているので、高い頻度で問題が生じています。中央競技団体は、企業では上場会社のイメージになるので、不祥事が起こると注目を浴びるのですが、実態を知っている側からすると、チェック体制は上場企業とは雲泥に違うので、不祥事が生じるのに不思議はないという感想です。

パワハラやセクハラは、企業でも生じています。過労死に至る長時間労働も強いられています。スポーツ界もこのような不祥事が生じていますが、企業との比較では、これを防止するシステムの点で脆弱であるというこれまで説明した問題と、もう一つは、顕在化しにくいという要因があります。指導者と選手との間の師弟関係、競技団体内の上下関係などで、被害を受けている側が、違法性を指摘しにくく、また、場合によっては暴力やセクハラを「指導」として受け入れてしまうということさえ生じます。この2点で、企業における不祥事よりスポーツ団体における不祥事は解決が難しいと言う問題があります。

 

――社会の風潮なども影響しますか。

 

望月 ありますね。ルールは守らなくてもいいんだという認識が広がってくると危険なんです。例えば、道路でも制限速度時速40㎞の郊外の広い道路では、制限速度を20㎞オーバーで走る自動車は少なくありません。このような現状が継続すると、時速40㎞規制というルールが実態に合っていない、社会を円滑に回していくためには時速60㎞程度で走行することは合理的だという判断になりますから、速度規制というルールの価値が損なわれる、規則を守らなくてもいいという文化になってしまいます。

労働時間規制も同じです。本来であれば、所定の終業時刻で仕事を終了するというのが大原則のはずなのに、夜中までとか、休みの日だって普通に出てくる、しかも、それがサービス残業扱いなのが当然だという現状が継続している企業では、「17時になりましたから、私帰ります」なんていう新入社員は企業文化の中で生き残れない。労働時間規制を守らない文化が確立してしまうと電通の事件のようなことが起こる。官公庁でも、「強制労働省」と揶揄される状態になってしまいます。「談合」も同じです。禁止されていることはみな知っていますが、広く行われているというのも公知の事実になっている。自動車や鉄鋼メーカーで最後の検査を、「資格を持っていなくても、ちゃんと検査力のある人が検査を行っているのだから問題はない」とルールが形骸化されている。これらの点は、スポーツでも企業活動でも共通です。

スポーツの不祥事がことさら目立つのには、スポーツは、企業活動と異なって「純粋」で「ピュア」であり、企業で起こるような不祥事がスポーツ界で起こることはないという感覚があるからだと思います。スポーツもまた日本の社会の一部で、共通しています。ここから出発していかないとなりません。スポーツは理想的で美しいものであるというのは「望ましい目標」であって、「現実の姿」ではないということを理解する必要があると思っています。

 

――だけど、スポーツはそういうものであってほしいというものはありますよね。

 

望月 あるべき姿は大事です。それは企業だって同じです。「利潤」追求だけでやっていくと、結局は持続可能な経済活動とならない。だから、「利潤」追及を制限するルールをつくる。企業が、CSR(企業の社会的責任、corporate social responsibility)、SDGs(持続可能な開発目標、Sustainable Development Goals)を自らに課す、公正取引委員会の指導・勧告に従うなどの形で、いろいろなルールをつくって自分の手を縛るわけです。目先の「利潤」を追及するだけでは、企業としての最大利益を得ることができないことに気づいてきているから自らの手を縛ろうとしているのです。しかし、やはり目先の「利潤」追求も視野に入ってくるので、いつも葛藤しながら進んでいるのが現実です。

 

ルール違反は「技」じゃない

 

――企業でいえば社会的役割を強調されますが、スポーツの場合だと、望月さんも指摘されている倫理というかインテグリティー(誠実さ、真摯さ)をどうすれば確立できるかということになると思います。その点で、競技者もそうですけど指導者の側に求められるものは大きいのではないかと思いますが。

 

望月 フェアプレイ精神は、指導者にもアスリートにも大事です。サッカーにおいて相手選手のユニフォームを引っ張り、動きを妨げることは、「ルール」(JFA競技規則第12条)の「相手競技者を押さえる」行為としてファウルとされ、制裁の対象となっています。しかし、世界のトップチームのサッカーの試合でも、相手の選手のユニフォームを引っ張る、押さえつけるということはしばしば見られます。ルール上はファウルですが、そのすべてを審判がファウルとして制裁を科しているわけではありません。そうすると、審判の見えないところでユニフォームを引っ張るのは有効な戦術だという考えもでてくる。そうなってくると、審判に見えないようにルール違反をすることが競技上の有効な技術になってしまいます。このような誤った考えを広げないためには、倫理、インテグリティーを強調するだけでは足りません。ルール違反に対する適切な制裁が必要です。厳格なレフェリング、運営をするということが大事なんですね。

今回のサッカーW杯でVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)が入ってクリーンになったという評価ですね。これは昨日の「読売」ですけれど(川島健司「人の目今こそ重要」=スポーツ欄コラム「鳥の目虫の目」=セットプレーによる得点が過去最多だったが、ビデオによる監視のおかげで、攻撃側の動きを妨害する反則まがいの行為が減少したことが一因、と指摘している)、実際にVARが入って監視し、人の目では行き届かないところも「見える化」することでクリーンになっていく。ルールを破ってもそれが許されるという文化をつくってはいけないんで、そういう意味ではこういう方向が一つでしょうね。

水泳は、先日パンパシフィック選手権大会(オーストラリア、アメリカ、カナダ、日本がパンパシフック水泳協会を設立し、オリンピックの中間年に持ち回りで国際大会を開催。近年は中国や韓国、ブラジル、南アフリカなど強豪国も参加している)を日本で開催しました。この大会では、ルールが守られているかを監視するために合計24台のテレビカメラを水中・水上に設置しました。競泳で競技規則に違反するような行為は水上でも水中でも見逃さないという動きです。これがだんだん働いていけば、どんどんクリーンになるんじゃないでしょうか。不正は許されない、不正に対してはもっと大きいペナルティを受けるということになれば、ルールは守られます。

(以下は本文をお読みください)

一覧ページに戻る